株式会社吉村印刷

印刷を楽しむブログ

製本のこと
印刷会社ですが、穴あけ加工もやっています

印刷会社ですが、穴あけ加工もやっています

各種帳票類や業務日報などをファイリングしたいときに必要な穴あけ作業。ご家庭や会社にある身近な物でいうと、穴あけパンチなどがありますよね。 普段使いにとても便利な道具ですが、穴あけパンチではたくさんの紙・・・

製本のこと2022年5月2日

ミシン目加工

ミシン目加工

伝票などの帳票類や各種チケットをはじめ、中学生が学校で使う生活ノートの見学届けなどにも使われるミシン目加工。普段の生活のなかで何気なく使っているミシン目ですが、どのようにして正確な位置に入れているのか・・・

製本のこと2022年4月14日

中綴じ製本の断裁

中綴じ製本の断裁

製本方法によって、仕上げる際に気を遣うところは微妙に異なってきます。 例えば、中綴じ製本。背を針金で綴じて製本するので、頁数が少ない製品に向いています。 綴じる側が厚みが高くなるので、まっすぐに積み重・・・

製本のこと2022年4月11日

上製本(ハードカバー本)で自分好みの1冊を

上製本(ハードカバー本)で自分好みの1冊を

本文を別仕立ての厚めの表紙でくるむ上製本(ハードカバー)は、並製本(ソフトカバー)よりも手間がかかり、金額もプラスになりますが、完成後の仕上がりはやっぱり違います。 上製本には角背(背表紙の角が角張っ・・・

製本のこと2022年3月24日

「みすゞ百景」 プレ創刊号が完成しました!

「みすゞ百景」 プレ創刊号が完成しました!

このたび、梓書店様の「みすゞ百景」を弊社にて作製させていただきました。 童謡詩人・金子みすゞが山口県長門市の仙崎出身であることは有名ですが、みすゞが生涯にわたって作った512篇の詩すべてが、「下関で暮・・・

印刷のこと2022年3月14日

夜間教育79年間の歴史が詰まった『燈影・最終記念号』

夜間教育79年間の歴史が詰まった『燈影・最終記念号』

先日、山口県立下関西高等学校定時制の文芸誌『燈影』の最終記念号を弊社にて作製し、学校へ納品させていただきました。 夜間中学校時代から数えるとおよそ80年におよぶ歴史のなかで、変遷はあったものの60年以・・・

印刷のこと2022年3月7日

夜光珠 閉課程記念号ー下関工科高(関工)定時制73年の歴史

夜光珠 閉課程記念号ー下関工科高(関工)定時制73年の歴史

令和4年3月1日、最後の4年生の卒業をもって山口県立下関工科高校定時制(前下関工業高校定時制)は、およそ73年の長い歴史に幕を下ろすことになりました。定時制の文芸誌「夜光珠」も第54号をもって発行を終・・・

印刷のこと2022年3月3日

製本に不可欠な紙折り機の掃除

製本に不可欠な紙折り機の掃除

仕事の合間をぬって自動紙折り機の整備。 短時間ですが、作業中にたまっていくパウダー(先日のブログで触れた印刷中に吹き付ける白い粉)を払いました。 エアーを吹きかけると、白いもやもやが舞い上がります。印・・・

製本のこと2022年2月7日

断裁作業で気づいたこと

断裁作業で気づいたこと

今回は、断裁作業について改めて気づいたことを紹介します。 普段は印刷部で仕事をしていますが、先日仕上げ(製本)作業の応援で断裁をすることがあり、チラシの仕上げ断ちをやることに。 仕上げ寸法にあわせて線・・・

製本のこと2022年1月24日

針金綴じ機ーくせとりコロの役割

針金綴じ機ーくせとりコロの役割

これは、自動針金綴じ機の針金のねじれをのばす、くせとりコロと呼ばれる部品です。 機械にセットする針金は下の写真のようにグルグルに巻かれた状態ですが、一度何かの拍子に絡まってしまうと元に戻すのが大変なの・・・

製本のこと2022年1月11日

全紙が浮く? 断裁機のエアーの威力がすごい

全紙が浮く? 断裁機のエアーの威力がすごい

製本作業のなかでは、目立たないけど大きな役割がある、そんな製本機械の機能がたくさんあります。今回は、断裁機のエアーについてふれてみます。 下の写真は断裁機の紙を置く台(テーブル)です。正確な断裁作業を・・・

製本のこと2021年12月23日

紀州の色上質 銀鼠(ぎんねず)

紀州の色上質 銀鼠(ぎんねず)

冊子の表紙や見返し、リーフレットや学校要覧などに使われる色上質紙。読んで字のごとく色が付いた上質紙ですが、そのなかには珍しい名前の色があります。 「銀鼠」もその1つ。桃や空、若草など一般的な色に比べて・・・

製本のこと2021年12月13日

紙折りの微妙な調整

紙折りの微妙な調整

この写真は全自動紙折機の部品の一つで、ハサミレバーと呼ばれるものです。 印刷後の紙を折るとき、折られていく紙はいくつものローラの間を通過していきます。その際に、このハサミレバーを使って圧力を調整するの・・・

製本のこと2021年12月2日

印刷用語の意味と由来Ⅲー製本編

印刷用語の意味と由来Ⅲー製本編

印刷会社の作業や受発注の際に飛び交っている多くの印刷用語…。 どのような由来からそう呼ばれるようになったのか、今回は製本に関するワードを紐解いてみました。 ■クータ:元はホローバック(※表紙の背と中身・・・

製本のこと2021年11月22日

断裁作業ーより正確に断裁するために

断裁作業ーより正確に断裁するために

製本作業では、ほぼ全部というくらいに断裁工程が入ります。 ほとんどの場合荒裁ちした紙に印刷するので、針・咥えの辺は直角で揃っていますが、その反対側の辺はガタガタということもあります。そんなガタガタな面・・・

製本のこと2021年11月1日

紙をさばくⅢー自動丁合機編

紙をさばくⅢー自動丁合機編

「紙をさばく」。今回は自動丁合機について触れます。 製本における丁合工程も、紙をさばくことが大切になってきます。 まず給紙台にノンブル(頁番号)順に並ぶように、紙をセットします。各台から、1枚づつ丁合・・・

製本のこと2021年10月25日

OKミューズコットン

OKミューズコットン

OKミューズコットンは、簾(す)の目模様(縞模様)が入ったポピュラーなファンシーペーパー。特徴のある模様を楽しむのもさることながら、131色のカラーバリエーションの中から“推し”の色を選ぶことができる・・・

印刷のこと2021年10月11日

紙をさばく

紙をさばく

1枚だとぺらぺらで軽い紙でも、それを1000枚、2000枚、3000枚…と積み重ねていくと、高さとともに重さが加わってきて、動かすのにもちょっとした力が必要になってきます。見た目以上に紙は重いので、印・・・

印刷のこと2021年10月7日

180度開く手帳の製本

180度開く手帳の製本

実は吉村印刷、手帳の印刷・製本も行なっています。 ■以前作製した手帳の画像がコチラ↓ 180度開くことができる手帳なので、メモするときもストレス無く書くことができます。(使用した紙は、手触りがよくボー・・・

製本のこと2021年9月27日

線引き作業

線引き作業

弊社で印刷する製品は、印刷後そのまま納品するということはほとんどありません。 仕上げ寸法がぎりぎりでとにかく用紙いっぱいいっぱいに印刷するという場合は、荒断ちのまま納品ということもありますが、大抵の場・・・

製本のこと2021年9月6日